旅行先に行ったとき、自分の思い通りに行動できるともっと楽しさが広がりますよね。
そこで活用したいのはレンタカーです。
レンタカーを使えば好きなところへ自由に行くことができますし、タクシーなどと比べても割安です。
特に沖縄や石垣島になると公共交通機関もないのでぜひともレンタカーを使って自由に観光やグルメを楽しみましょう。

石垣島について知ろう

美しい海
沖縄に行ったら石垣島へ行こうと考える人も多いと思います。
石垣島自体も観光地として最近ではメジャーなスポットとなっています。
南側では住宅地が多く栄えていますが、北の方に行くと自然がそのまま残っているので沖縄ののんびりした雰囲気を楽しむことができるでしょう。
また、小さな島ではありますが、山岳もあり登山を楽しみたいという人や自然に触れあいたいという人にもおすすめしたいスポットです。

もちろん沖縄ならではの歴史を知ったり、マリンスポーツを楽しんだりするのにも適しており、沖縄を堪能したい人にはぜひ訪れてほしい島です。

石垣島へ行くには、基本的に飛行機を利用します。
日本各地にある空港から石垣空港へ直通する便もありますし、沖縄本島にある那覇空港を経由して向かうこともできます。
那覇空港から石垣空港までは約1時間で到着しますが、台風が発生しやすい時期にはフライトが中止されることが多いので注意しておきましょう。
石垣空港から市街地へと入る場合は、車で約1時間くらいかかります。
市街地へ行かなくても空港からそのまま観光へ行ってもOKです。

石垣島を観光するときは

石垣島には電車などはありませんので、移動手段は徒歩・自転車・バイク・車のいずれかになります。
島と言っても徒歩で回るのにはかなりの体力がなければ難しいでしょう。
不可能ではありませんが、夏本番になると体が暑さに慣れていない分疲れもたまりますし、後日の予定にも影響が出る可能性もありますので、移動は極力楽なものを選びたいところです。

そもそも、石垣島は海沿いの道路を通って一周すると、約140kmあり、車では3時間弱かかります。
車でもそんなに時間がかかってしまうので徒歩や自転車では難しいという事がわかります。
地図を見ているだけだと「小さい島だし、のんびり歩いてたらいいんじゃない?」と歓楽的に思ってしまう人もいるかもしれませんが、普段から動きなれてなければ絶対にきついのでおすすめしません。

レンタカーを借りるメリット

石垣島のレンタカーはオープンカーもあります

本州などで旅行に行ったときはなかなかレンタカーを借りることはないと思います。
それは電車やバスなどの交通機関がしっかりと整備されていたり、観光地と宿泊地が近くにあるのでレンタカーの必要がないと思われることが多いのです。
ですが、沖縄、特に島々でレンタカーはとても重宝するのです。

石垣島には手つかずの自然がたくさん残っており、交通整備をしていない場所もたくさんあります。
それが沖縄の魅力でもあるので郷に入っては郷に従え、ということで都会では味わえない魅力を堪能しましょう。

また、島ですのでホテルからコンビニや病院など必要な施設が少なく、移動手段を徒歩だけにしてしまうといざというときに困ります。
長期滞在するのであれば車は必要不可欠です。
「タクシーでいいや」と思われがちですが、長い目で見てみると利便性も良く料金もお得になるのです。

石垣島にはレンタカーショップはあるのか

石垣島自体には多数のレンタカーショップが店舗を開いています。
市街地に行けば大抵車を借りることができるでしょう。
また、石垣空港のそばにも借りられる場所がありますので、先に予約をしておいて空港から出たらすぐ観光、そしてホテルへというルートを選択することもできます。

レンタカーの種類も多数あって、大型車が多いものや乗り捨てOKなものまであるので利用に応じて活用していきたいですね。

石垣島レンタカー比較
何社も比較できるサイトだから安いプランがすぐに見つかる!

レンタカーでできること

石垣島にはおいしいグルメを味わえるお店がたくさんあります。
せっかく石垣島に来たのなら堪能しておきたいところです。
そんなときに交通手段として車があると便利です。
島とは言え店との距離が離れていたり、海沿いに店があったりなど移動が大変な場合もありますので車を用意しておきましょう。
お酒を飲めるお店もたくさんありますが、ハンドルキーパーを決めて石垣島を楽しみましょう。

観光もグルメも楽しめる石垣島を堪能しよう

やっぱり石垣牛!
小さい島で移動もちょっと大変な石垣島ですが、その分たくさん楽しむことができるスポットです。
一日だけではとても堪能することはできないでしょう。
できれば数日間滞在してしっかりと石垣の自然・雰囲気を楽しんでみてください。
一度魅力を知ればまた何度でも行きたいと思ってしまう場所ですので、何度も行って地図なしでも楽しむことができるようになってみるのもいいですね。
もちろん、一年を通じて楽しめるスポットでもありますので、時間があるときに心の洗濯をしてみませんか?